液晶タッチパネル

  • 写真:静電容量方式

    静電容量方式

    自社で開発を行っている静電容量方式タッチパネル。クリアと防眩の2タイプから選択でき、抜群の耐久性によりアーケードゲーム機やKiosk端末、券売機など様々な用途に適したタッチパネルです。

    詳細情報を見る

  • 写真:光学式

    光学式(カメラ式)

    三角測量法を用いて位置座標の検出を行うタッチパネル。画面上にセンサー膜が無いことにより、キズによる座標ズレといった心配がなく、大画面に適しております。また、多点認識が可能ですのでアプリケーションとの幅広い連動が可能となり、画面上での操作性が格段にアップし活用の幅が広がります。

    詳細情報を見る

  • 写真:抵抗膜式

    抵抗膜式

    座標検出精度が高く、指以外でも入力が可能なタッチパネル。また、コストパフォーマンスに優れ、開発コストの削減に貢献します。

    詳細情報を見る

各液晶タッチパネルを比較する

項目 抵抗膜方式 光学式 静電容量方式
パネル透過率
タッチ 爪・棒 ×
手袋 ×
タッチ面 水滴
面耐久性
外乱光
モワレ・縞 -
装置複雑さ
位置検出
価格
得意分野 POS端末、FA機器
小型入力端末
案内板等
大型入力機器
KIOSK端末、AMゲーム機、耐久性や防塵防滴に特化
製品案内
  • 液晶タッチパネル
    • 静電容量方式液晶タッチパネル
    • 光学式タッチパネル
    • 抵抗膜方式タッチパネル
  • 液晶ペンタブレット
  • タッチスイッチ
  • 液晶パネル
  • ぺんてるを選ぶ、5つの理由。
  • EMS業務

このページの先頭へ