指でもペンでも入力可能。低コストを実現!

抵抗膜方式タッチパネル

  • 動作原理

指でもペンでも入力可能。低コストを実現!

座標検出精度が高く、指以外でも入力が可能なタッチパネル。また、コストパフォーマンスに優れ、開発コストの削減に貢献します。

指でもペンでも入力可能。低コストを実現!

動作原理

抵抗膜方式タッチとは…

アナログ抵抗方式とも呼ばれています。図のようにベースとなるガラスと、その上に乗るフィルムの上に筋状の電極が90°向きを変えて形成されています。

膜と膜の間にはスペーサが置かれており、タッチされていない時は膜の間に隙間ができます。両者の間に空間があるため通常は非接触状態ですが、指でフィルムを押すとその部分が変形して電極同士が接触し電流が流れます。

抵抗膜方式タッチとは…

用途例として…

  • キオスク端末

    キオスク端末

    POS端末

    POS端末

  • FA機器

    FA機器

    電子カルテ
    電子カルテ

製品案内
  • 液晶タッチパネル
    • 静電容量方式液晶タッチパネル
    • 光学式タッチパネル
    • 抵抗膜方式タッチパネル
  • 液晶ペンタブレット
  • タッチスイッチ
  • 液晶パネル
  • ぺんてるを選ぶ、5つの理由。
  • EMS業務

このページの先頭へ